VOICE
~お客様の声~

  • 会社員

    羅 相福(サンボク)さん

  • HALEO表参道「BONSAI柔術」に出会ったきっかけを教えてください。

    若いころ、総合格闘技をやっていて、柔術は、総合格闘技の一環として経験していました。 その時に、格闘技の「いろは」を教えていただいていたのが、元PRIDEチャンピオンの三崎さんでした。

    社会人になって、総合格闘技からは離れていたのですが、格闘技は、好きだったので良く見ていました。
    昨年、HALEO表参道のオープン前に、三崎さんに声を掛けていただいた事、マルコス先生やサトシ先生のこともよく知っていた事もあって、 「BONSAI柔術」をはじめようと思いました。とてもいいきっかけでした。

    「柔術」をはじめてから、何か変化を実感したことはありましたか?

    まずは、筋肉がつきました。

    それから、私は、金融系営業の仕事をしているので、どうしても会食の機会が多くなってしまうのですが、柔術クラスに通っていることで、会食の回数を減らすきっかけとなり、 食生活をはじめ、健康的な生活サイクルになりました。

    そして、メンタル面の成長にも繋がったと思います。

    先日(2018年6月)参加された柔術大会についてですが、
    参加されようと思ったきっかけ、また、出場されていかがでしたでしょうか?

    HALEO表参道の柔術メンバー内でグループLINEをやっているのですが、1年の節目に、みんなで出場してみないか?とお誘いがあったのをきっかけに参加しました。

    私自身としては、4月に出場していましたので、2回目の大会出場でした。
    1回目の大会出場で、自分のレベルはなんとなく把握していたのですが、 2回目の試合では、奥の深い競技だなぁと柔術の面白さをさらに感じる結果となりました。

    というのも、試合開始1分、全く知らない技で1本負けをしてしまいました。
    1年間経験した柔術であっても、まだまだ応用することも難しく、技への対処方法についても含めて、悔しい試合経験となりました。 試合後はマルコス先生と振り返りをしたので、技の習得のためにもさらに努力していきたいと思っています。

    どういった方々に、柔術を勧めたいと思いますか?

    私は、ビジネスマンに、柔術をオススメしたいと思いました。

    まず、競技を行ううえでは、身体能力を高めていくことが大切な要素の1つにありますが、柔術の場合は、身体能力のほかに、戦略的に緻密に頭を使って試合へ挑む ことが大切な要素になってきます。

    柔術は、ビジネスとは異なる頭の使い方になりますが、それが、ビジネスの現場での新しい発想へと繋がる可能性が高いと実感したことがあったので、 ビジネスマンには、特にオススメしたいです。

    今後、柔術に期待することはありますか?

    柔術は、年齢に限らず長く続けられるスポーツだと思います。
    私は、健康維持であったり、ストレス解消だったりとライフバランスに非常に重要なツールの1つとして柔術を続けていこうと思っています。

    柔術を続けた結果として、帯の色が変わっていく、認められていく、という達成感を得られることを含めて、これからも楽しめればと思っています。